FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ

2018年2月10日公開。監督はクロード・バラス。原作はジル・パリスによる2002年の同名小説で、フランスで25万部売れた作品。アル中の母を亡くして施設に入ることになった、9歳の少年ズッキーニの物語。スイス製のストップモーションアニメーション。ポップでオシャレなキャラクターや家具にテンションがあがるのだが、子供たちの生い立ちは結構重い。でもそれをユーモアで中和するバランス感覚が素晴らしかった。66分と非常にコンパ...

続きを読む

2018年 映画ベスト10

2018年は、492本観ました。 2013年 182本 2014年 239本 2015年 398本 2016年 377本 2017年 584本 2018年 ベスト10 1位 『ディザスター・アーティスト』(2017年、劇場未公開)監督・主演はジェームズ・フランコ。 原作は、グレッグ・セステロとトム・ビゼルが書いたノンフィクション本。 アメリカで「史上最低の映画」として、カルト的な人気を博している『The Room』(2003年、劇場未公開、配信なし)の製作過程を描いたコメディ...

続きを読む

2018年 本

今年は162冊読んだ。活字読んでるのって、ホントに楽しい。 2014年 104冊 2015年 80冊 2016年 61冊 2017年 58冊 1位 『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』(2016年)/ スティーブン・ウィット どんな流れで音源がMP3化され、不法にシェアされていったが書かれた本。 MP3の開発者、せっせと工場から新作CDを盗み出して音源化してた男、レコード会社の偉い人の3人の視点から書かれていて、超絶面白かった。  ミ...

続きを読む

無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~

☆☆☆☆☆2010年発行。 著者はNHK「無縁社会プロジェクト」取材班。2010年1月に放送されて大反響を呼び、菊池寛賞を受賞したNHKスペシャルを書籍化したもの。年間3万2000人が孤独死していて、本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない行旅死亡人(こうりょしぼうにん)として税金で火葬されてる人が多くいる事実に驚愕した。そして家族いても遺体の引き取りを拒否するケースも多くあるみたい...

続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち

☆☆☆☆☆2017年10月28日公開。 監督は白石和彌。原作は沼田まほかるの小説。15歳年上のうだつの上がらない男と同棲しつつ、昔の男が忘れられない女のお話。冒頭から腕時計の修理の件でクレーム電話かけてる女(蒼井優)が、嫌すぎる。 このモヤモヤ不愉快にさせる演出が上手いと思う。この女は15歳年上の男(阿部サダヲ)と同棲してるのだが、もう罵倒しまくってすごい。 そんな嫌なら一緒に住むなよとか、そんな男にお金もらって...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。