FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

2018年 本

今年は162冊読んだ。活字読んでるのって、ホントに楽しい。 2014年 104冊 2015年 80冊 2016年 61冊 2017年 58冊 1位 『誰が音楽をタダにした?──巨大産業をぶっ潰した男たち』(2016年)/ スティーブン・ウィット どんな流れで音源がMP3化され、不法にシェアされていったが書かれた本。 MP3の開発者、せっせと工場から新作CDを盗み出して音源化してた男、レコード会社の偉い人の3人の視点から書かれていて、超絶面白かった。  ミ...

続きを読む

無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~

☆☆☆☆☆2010年発行。 著者はNHK「無縁社会プロジェクト」取材班。2010年1月に放送されて大反響を呼び、菊池寛賞を受賞したNHKスペシャルを書籍化したもの。年間3万2000人が孤独死していて、本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない行旅死亡人(こうりょしぼうにん)として税金で火葬されてる人が多くいる事実に驚愕した。そして家族いても遺体の引き取りを拒否するケースも多くあるみたい...

続きを読む

私は絶対許さない 15歳で集団レイプされた少女が風俗嬢になり、さらに看護師になった理由

☆☆☆☆☆2015年11月27日発行。 著者は雪村葉子。15歳の元旦に東北の田舎の無人駅で拉致され、輪姦された女性が書いた自伝。ノンフィクションらしいです。文章は読みやすいけど表現がざっくりすぎるところもあるので、本人が書いてるのかもしれない。元旦に予備校みたいなところの講習を朝から夕方まで受けて、帰りに無人駅で電車を待ってる時に拉致されてるのですが、元旦から講習があったりするんだろうか? しかもすごい田舎で・...

続きを読む

限りなく完璧に近い人々

☆☆☆☆☆2016年9月29日発行。  著者はマイケル・ブース。北欧5か国(デンマーク、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スウェーデン)についての本。税金は高いけど高福祉国家で、幸福度の高い北欧の国々って、そんなに素晴らしいの? と考察した内容で、全部で500ページある力作。常々北欧の国々について知りたいと思っていたので、手に取りました。僕にとってこれらの国はまず、アトミック・スウィング、カーディガンズ(ス...

続きを読む

ロッキング・オンの時代

☆☆☆☆2016年11月29日。 著者は橘川幸夫。1972年にロック雑誌「ロッキング・オン」を創刊した4人のうちの1人が、創刊からの10年を中心に書いた本。ぼくは1994年から2001年くらいまで「ロッキング・オン」をとても熱心に読んでいたので、その歴史が知りたくて読んでみました。大学生が集まって始めた雑誌なのだが、試行錯誤しながら軌道に乗せていくまでの展開が面白い。 淡々として文章なので盛り上がりに欠けるのだが、それそれは...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。