記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

恋妻家宮本

☆2017年1月28日公開。 監督・脚本は遊川和彦。原作は重松清の小説「ファミレス」。学生時代にできちゃった結婚をした夫婦が、ひとり息子が結婚して家を出たことで、50歳にしてはじめて2人きりになるお話。二人の学生時代を演じてる俳優にまったく魅力がないし、中学校教師である宮本の教え子役もヒドイ。 宮本の息子夫婦役もダメだった。 なんかみんな顔つきが気持ち悪いんですよね。 キャスティングした人のセンスが死んでま...

続きを読む

幸せなひとりぼっち

☆☆☆☆☆2016年12月17日公開。 監督・脚本はハンネス・ホルム。妻に先立たれた偏屈なおじいさんが、隣人との交流で少しづつ心を開いていくお話。ベタな設定なのだが、笑えるシーンが多いし、ストーリーも面白かった。 サーブかボルボかで張り合う展開が最高。 街並みもオシャレで、やっぱり北欧ってデザインが素晴らしすぎると思う。 住みたい。59歳って設定にしてはおじいさんすぎると思うのだが、スウェーデンでは違和感がない...

続きを読む

フィッシュ・タンク

☆☆☆2012年8月4日公開。 監督・脚本はアンドレア・アーノルド。ヤンママな母親が連れてきた男に、15歳の娘が胸キュン(YMO)するお話。罵声が飛び交うベタに荒れた家庭が、観ててせつない。 愛情が全然感じられない様がリアルです。母親が連れてきた男(マイケル・ファスビンダー)が、上半身裸で歩く姿に娘が見とれるシーンが素敵。 この男にときめきつつ反発する感じです。ストーリーは結構面白いのだが、展開が遅くてグダグダ...

続きを読む

ひかりをあててしぼる

☆☆☆2016年12月3日公開。 監督は坂牧良太。2006年に起きた「新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件」をモチーフにした作品。実際の事件を元ネタにした作品と言えば、園子温監督の『愛のむきだし』と『冷たい熱帯魚』や、『日本で一番悪い奴ら』 『凶悪』など面白すぎる作品が目白押しなのだが、それらに比べるとかなりしょぼい仕上がり。地味な俳優陣と、素人っぽい映像や編集が残念。 ストーリーは実話だけに面白いのだが、観終わ...

続きを読む

渋谷音楽図鑑

☆☆☆☆☆2017年7月12日発行。 著者は牧村憲一、藤井丈司、柴那典。シュガー・ベイブ、山下達郎などの製作をやってたり、フリッパーズ・ギターのプロデュースもしてた牧村憲一さんが、地元である渋谷と音楽人生を絡めて語った本。タイトルからてっきり「渋谷系」について深く追求した本かと思ったら、ちょっと違いました。それでも渋谷の街と日本の音楽の歴史との関わりは面白かったし、山下達郎やはっぴいえんどの面々とのエピソード...

続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方

☆☆☆2017年3月4日公開。 監督はジャド・アパトー。色んな男とファックして楽しく暮らしていたポッチャリ女子が、出会った男性と初めてちゃんと交際してみるお話。主人公エイミーを演じるエイミー・シューマーは、人気コメディエンヌらしいです。 足はすごくセクシーなのが、顔が完全にデブ顔。 診てて悲しくなります。さらに、セックスシーンも勿論あるのだが、全然脱がないところに気合を感じなかった。 キャミソール着たまま...

続きを読む

ヒトラーの忘れもの

☆☆☆☆2016年12月17日公開。 監督・脚本はマーチン・サンフリート。終戦直後のデンマークを舞台に、ドイツ軍が埋めた地雷を撤去させられるドイツ少年兵たちを描いた作品。確かにドイツ軍が埋めたものなので、本人たちに回収させるのは理に適っているような気もするのだが、高校生ぐらいの少年兵たちなので観ていて苦しい。地雷がいつ爆発するのかわからず、終始ハラハラしっぱなし。 そしてかなり爆発します。 デンマーク人の軍人...

続きを読む

スウィート17モンスター

☆☆☆☆☆2017年4月22日公開。 監督はケリー・フレモン・クレイグ。すごいネガティブでイケてない女子女子高生が、唯一の友達が兄とデキてしまい絶望するお話。客観的に見ると必要以上にネガティブなのだが、青春ってそんなもんだと思う。 そんな彼女が他人とは思えなかった。唯一の友人の女の子の笑顔がすごい可愛くて、「笑顔は最高の化粧」ってどっかの国の格言を思い出した。友人を失ってヤケクソになり、さらにドツボにハマる彼...

続きを読む

ぼくとアールと彼女のさよなら

☆☆☆☆☆2015年。 日本未公開。 監督はアルフォンソ・ゴメス=レホン。原作はジェシー・アンドリューズの小説『Me and Earl and the Dying Girl』。 著者が脚本も手掛けている。映画マニアの地味な男子高校生が、難病に侵された同級生の女の子と交流するように母親に言われ、いやいや関わるも仲良くなっていくお話。『(500)日のサマー』のスタジオが製作したらしく、オシャレな雰囲気やサブカル満載な内容など、共通点は多い。主...

続きを読む

おとなの事情

☆☆☆☆2017年3月17日公開。 監督はパオロ・ジェノベーゼ 。仲良しの夫婦3組と男性1人が集まった夕食会で、全員の携帯を並べ着信やメールが来たら全部見せるというヤバいゲームをするお話。ちょっとフェイントかけて焦らしたりはするものの、やっぱり期待通りに浮気やらなんやらがバレて修羅場になります。 高校生の純愛じゃないんだから、誰だって秘密くらいあるよね。 サラリーマンが出張でデリヘル呼んでるのを、全国の奥さんに...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。