記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

繕い裁つ人

☆☆☆2015年1月31日公開。 監督は三島有紀子。原作は池辺葵の同名漫画。職人気質の仕立て屋の女性(中谷美紀)に、デパートの男(三浦貴大)がブランド化の話をもちかけるお話。仕立て屋のきちんと整理されたお店が、見ていて気持ちいい。 整理整頓された状態って、心が落ち着きます。ひとつの洋服をお直ししながら大切にずっと着る、という考え方が面白かった。 それを楽しんでる近所の人たちに、心の余裕を感じました。 洋服は...

続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング

☆2002年。 監督はピーター・ジャクソン。原作はJ・R・R・トールキンの「指輪物語」。ヤバい指輪を壊しに行く旅のお話。 3部作の第1部。ホビット、ドワーフ、エルフ、人間が出てくる感じは、ファミコンでよくやったRPG「ウィザードリィ」と同じ世界観。 元ネタはこの作品の原作なんだろうか?指輪を悪な感じの気持ち悪い奴らが奪いに来るのだが、肝心なところで主人公たちを逃がしたり見逃したりしちゃうので、あんまり怖くない...

続きを読む

野獣死すべし

☆☆1980年。 監督は村川透。原作は大藪春彦の同名小説。ヤバい奴(松田優作)が、銀行強盗したりしつつ人を撃ちまくるお話。主人公が何者かわからないままに、人を撃ったりする展開にハラハラドキドキした。 エロいシーンの完成度も高い。松田優作より加賀丈史の演技の方が、鬼気迫るものがあった。イカれてる理由が明らかになっていくのだが、月並みでガッカリでした。 ...

続きを読む

風と共に去りぬ

☆☆☆☆☆1939年。 監督はヴィクター・フレミング。原作はマーガレット・ミッチェルの同名小説(1936年)。南北戦争の時代のジョージア州アトランタ市を舞台にした、大河ドラマ。 3時間42分ある超大作。主人公のスカーレット・オハラ(ヴィヴィアン・リー)の、情熱的なんだけど一方的すぎる恋愛がすごい。 全然相手の気持ち考えてない無軌道っぷりが壮絶。 チャリンコでゴビ砂漠横断するくらいの無謀な生き様がヤバい。気性の激し...

続きを読む

すばらしき映画音楽たち

☆☆☆☆2017年8月5日公開。 監督・脚本はマット・シュレイダー。映画音楽についてのドキュメンタリー。有名な映画のテーマ曲が沢山流れてテンションがあがる。 作曲方法が革新的だと言われても正直ピンと来ないのだが、色々新しい要素を取り入れつつ進化してきたみたいです。『ソーシャル・ネットワーク』でデヴィッド・フィンチャー監督に起用されたトレント・レズナー(ナイン・インチ・ネイルズ)が、「フィンチャー監督からオフ...

続きを読む

タイピスト!

☆☆☆2013年。 監督・脚本はレジス・ロワンサル。1950年代の終わり頃に、タイプライター早打ちの世界大会にチャレンジする女性とコーチを描いた作品。保険屋のルイ(ロマン・デュリス)は秘書としてローラ(デボラ・フランソワ)を採用したのだが、要領悪すぎで困る。 でもタイプライターを打つのが早かったので、訓練して大会に出そうと考える。ローラ役のデボラ・フランソワに見覚えがあると思ったら『ある子供』に出演してまし...

続きを読む

自転車吐息

☆1990年。 監督・脚本・主演は園子温。3浪してる予備校生の男子2名が、高校の時に作りかけて放置してた映画を完成させようとするお話。園子音が初めて人のお金で作って、プロの現場は経験した作品らしいです。 当時25歳。俳優全員がほとんどセリフ棒読みという試練の中で、手作り感満載の青春が展開されてます。 ヒロインがほどよくブサイクなのが生々しい。 いい塩梅です。おそらくメタファー満載な作品なんだろうけど、全然...

続きを読む

リアル鬼ごっこ 2015 劇場版

☆☆2015年7月11日公開。 監督・脚本は園子温。原作は山田悠介のホラー小説なのだが、監督は原作読まずにタイトルにインスパイアされて作ったそうです。修学旅行中でバスに乗っていたミツコ(トリンドル玲奈)は、ペンを床に落として屈んで拾ってる時に、かまいたちみたいなのが吹いてバスが横に真っ二つ! ミツコ以外は全員体が半分に切れて死ぬっていうショッキングすぎる映像にビビった。 これCGなんだろうけど違和感がない。...

続きを読む

PARKS パークス

☆2017年4月22日公開。 監督・脚本は瀬田なつき。東京・吉祥寺の井の頭恩賜公園の開園100周年記念作品。井の頭公園の脇にあるアパートに住む女子大生(橋本愛)の元に、女子高生(永野芽郁)が訪ねてきて、以前その部屋に住んでいた亡き父の元恋人を探すお話。そこにその元恋人の孫(染谷将太)も加わって、遺品から見つかったオープンリールにふきこまれていた未完のオリジナル曲を完成させようとするのだが、3人とも異常にフレン...

続きを読む

ひそひそ星

☆☆☆2016年5月14日公開。 監督・脚本は園子温。人工知能を持つロボットが8割、人類が2割になった未来で、宇宙船で郵便物を配達するアンドロイド(神楽坂恵)のお話。モノクロームで静謐な作品で、タルコフスキーっぽさもあるけど、あれほど眠くはなりません(笑) 宇宙船が昭和30年代のアパートの一室みたいのがそのまんま宇宙を飛んでる感じで、園子温っぽいエキセントリックさを感じます。被災地の福島で撮影した映像がとても美...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。