FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

☆☆☆2017年8月26日公開。 監督はロジャー・スポティスウッド。ジャンキーのストリートミュージシャンが、野良猫と出会ってがんばるお話。 実話を元にした本を、映画化した作品。ほのぼの系かと思いきや、薬物依存とホームレスな暮らしという重い内容にビックリ。 間違えて子供と観に行っちゃった猫好きの家族とか、絶句したんじゃないだろうか。主人公の音楽への情熱があんまり感じられないのと、意志の弱さもあって魅力に欠ける...

続きを読む

幼子われらに生まれ

☆☆☆☆☆2017年8月26日公開。 監督は三島有紀子。原作は重松清の同名小説。バツイチ同士で再婚した、妻の連れ子が2人いる家族が、妻の妊娠でゆれるお話。いわゆるステップファミリーを描いた作品なのだが、日本の作品では珍しいと思う。妻(田中麗奈)が妊娠した事で、上の娘が不安定になり、言っちゃいけない発言を連発してダメージを負う家族。 子育てって大変そう。 これを全国民が観たら、たぶん出生率0.2%ぐらい下がると思う...

続きを読む

忍びの国

☆☆☆☆2017年7月1日公開。 監督は中村義洋。原作は和田竜の同名小説。戦国時代に伊賀忍者と織田信長軍との間に起こった、天正伊賀の乱を描いた作品。ありえなすぎる忍者の動きがアニメっぽくて、観てて楽しい。 大野智って俳優ってイメージなかったけど、飄々とした役柄をいい感じで演じてた。その大野智が演じる忍者が、石原さとみ演じる女性にビシビシ厳しくツッコまれまくるやりとりが微笑ましくてすごくいい! 石原さとみの可...

続きを読む

2017年 音楽

1.『Dirty Projectors』 / Dirty Projectors 2009年ぐらいから注目されてる、知性溢れるバンドなのだが、今まで全然良さがわからなかった。 今回はメンバーでもあった女性との別離をテーマにしていて、メンバー全員抜けて1人バンドになってます。 R&Bやヒップホップを取り入れてるのだが、そのさじ加減が絶妙でカッコ良すぎる! メロディーやハーモニーの素晴らしいし、ガッツリ失恋の痛みに浸りつつ、ほんのり希望を感じさせる...

続きを読む

自縄自縛の私

☆☆☆2013年2月2日公開。 監督は竹中直人。原作は「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した、蛭田亜紗子の同名小説。会社や母親との関係にストレスを感じてるOL(平田薫)が、自分で自分を縛るプレイにハマるお話。おとなしめな女性が主人公なのだが、彼女が会社でのストレスにさらされたり、バシバシくる感じの母親にガミガミ言われたりする様が、観てて悲しい。 そんなに重い表現じゃないのだが、いたたまれない気持ちになり...

続きを読む

ピンクとグレー

☆☆☆☆2016年1月6日公開。 監督は行定勲。原作は加藤シゲアキ(ジャニーズの人)の同名小説。小学校から仲良しの男2人と女1人の3人の、青春物語。男2人は俳優の道へ進むのだが、1人が売れて距離感が出来る感じは、『ウィズネイルと僕』と思わせた。 こうゆうのって辛いと思うのだが、人生にはままある事です。あいかわらず菅田将暉の演技が上手すぎて最高! 天才だと思う。 夏帆の演技も良かった。 あのメイク濃すぎなのも、エ...

続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない

☆☆☆2017年7月15日公開。 監督は廣木隆一。監督が書いた小説を、自ら映画化した作品。福島の被災地の市役所で働きつつ、週末は高速バスで渋谷に出てデリヘルしてる女性など、被災地で生きる人たちのお話。デリヘルの客が本番やらせろって暴れたり、プレイのシーンが数回出てきてリアル。 主人公と父親は仮設住宅で暮らしていて、母親は津波で行方不明のまま。 父親はもらった助成金で毎日パチンコして家で酒を飲んでいる。 父親...

続きを読む

未来世紀ブラジル

☆☆1986年日本公開。 監督はテリー・ギリアム。未来の統制社会の政府で働く男が、好きな女性が出来て脱出しようとするブラックコメディー。お金がないひとの部屋はダクトでいっぱいで、超ゴチャゴチャしてる。 貧乏人ほど生きにくいってメタファーっぽい。この作品のユーモアがあんまり楽しめないので、全然乗れず。 露悪的というか、映像が気持ち悪い。2時間半ぐらいあるのも長すぎるし、登場人物にも魅力がない。またしても名...

続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟

☆☆2017年9月23日公開。 監督は廣木隆一(ひろき・りゅういち)。原作は東野圭吾の同名小説。悩み相談を受けてた雑貨店主と、養護施設出身の軽犯罪者若者3名が、『バタフライ・エフェクト』っぽくつながるお話。少しずつ登場人物が繋がって行くストーリーなのだが、意外性がなかったりベタだったりしてテンションが上がらない。主演の 山田涼介はジャニーズのHey! Say! JUMPってグループの人らしいのだが、とても美しい。 北欧っ...

続きを読む

ブルーハーツが聴こえる

☆☆☆2017年4月8日公開。ザ・ブルーハーツの曲を題材にした、6編からなるオムニバス作品。「ハンマー(48億のブルース)」 監督:飯塚健「人にやさしく」 監督:下山天「ラブレター」 監督:井口昇「少年の詩」 監督:清水崇「ジョウネツノバラ」 監督:工藤伸一「1001のバイオリン」 監督:李相日まず、飯塚健監督(『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』、『風俗行ったら人生変わったwww』、『大人ドロップ』、『笑う招き...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。