FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕と世界の方程式

僕と世界の方程式

☆☆☆☆☆

2017年1月28日公開。 監督はモーガン・マシューズ。

自閉症だけど数学がすごい少年が、数学オリンピックを目指すお話。 実話に基づくらしい。

自閉症の生きづらさが、見てて突き刺さる。 その自閉症の少年を支える母の愛に、終始号泣。 母親の愛情を理解出来ない少年の行動が、みてて苦しい。

母親役のサリー・ホーキンスの演技が素晴らしい。 彼女が主演していた『ハッピー・ゴー・ラッキー』(マイク・リー監督)は超名作です。 その『ハッピー・ゴー・ラッキー』にも出演していたエディ・マーサンの演技も光ってました。

少年が数学の大会で出会うイギリス人の少女の肌の白さと美しさに、やられた。 シンプルなカットソーも素敵です。

その後、中国人の少女と仲良くなるのだが、この女の子がめちゃめちゃ正確がいい子だし、笑顔がキラキラしてます。 この少女との恋愛模様がまた、青春しててたまらなく甘酸っぱい。 台湾の街をデートする様子を見て、恋愛したいな~って思いました。

シガーロスかアウスゲイルみたいな透明感のある音楽がいい感じで、調べ見たらKeaton Hensonって人でした。

少年が少女との交流を通して感情を理解していく姿や、母親との関係の変化にまた号泣でした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。