記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PとJK

PとJK

☆☆☆☆☆

2017年3月25日公開。 監督は廣木隆一。

原作は三次マキの漫画作品。

日本のヒップホッププロデューサーPUNPEEと、ジャミロクワイのJKが音楽への愛を語りつくすドキュメンタリー、じゃなくて、警察官(
Police)と女子高生(JK)が恋するお話。

紆余曲折あってやっと結ばれるみたいな展開かと思ったら、序盤で結婚しちゃってビックリ。 そう来たか。

亀梨和也はビジュアル的にも好きじゃないし、演技も結構下手だと思うのだが、人気あるのだろうか。 ヒロインは土屋太鳳という女優なのだが、とりあえず読めねー!そして、読みも調べねー! ウーロン茶かよ(笑) 地方のバーミヤンでバイト中の仲里依紗って感じで、かなり地味です。

それでも彼女が彼氏(夫に)ときめく表情や、喜びを隠さずキラキラした笑顔を見せるシーンがまぶしいです。 恋っていいわ~。

不良少年を演じてた高杉真宙も、雰囲気があっていいですね。 彼が同級生と交流するシーンで号泣。 ベタだけどすごいいいシーンでした。

村上淳の父親役はすごい下手だった。 この人カッコいいけど、演技力相当ないですよね。 妻役のともさかりえのオーラのなさもリアル(笑) でもこの母親が娘に言うセリフが、また良かったです。

なんだかんだで結構泣いたし、恋のトキメキ的な何かを思い出させてくれる作品でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。