記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと夏のファンタジア

ひと夏のファンタジア

☆☆☆☆

2016年。 監督・脚本はチャン・ゴンジェ。

2部構成で、韓国から奈良の五條に来た映画監督が、地元の人に色々話を聞く物語と、韓国から旅行に来た女性が、日本人男性とほんのり恋するお話。

モノクロでドキュメンタリータッチというか、ただの地元の素人なのか俳優なのかわからない人々へのインタビューが、河瀬直美監督っぽいと思ったら、この作品をプロデュースしてました。 全然フォトジェニックじゃない地味すぎる人々が画面に映ると、現実をつきつけられるようで辛い。

地味なやりとりが続き、最後の花火での演出が素敵な第一部が終わると、第二部からはカラーになる。

地味な韓国人女性の旅行者が、日本人の農家の青年と淡い恋する展開は、なんか胸がムズムズした。 恋っていいですね。 口説き方とか女性のリアクションがすごいリアルです。  第一部と同じ俳優が別の役で出演してたり、同じ場所が出てきたり、同じセリフを言ったりと、なんとなくリンクしてる感じなのだが、よくわからない。

こっちの話はホン・サンス監督っぽさがあって、やっぱり似てるって言われてるらしいです。 でもホン・サンス監督作品の方が、全然面白いです。

河瀬直美とホン・サンスを、そのまま混ぜましたって感じでした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。