FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けものがれ、俺らの猿と

けものがれ、俺らの猿と



2001年。 監督は須永秀明。

原作は町田康の短編小説。

映画の脚本を依頼された売れない脚本家(永瀬正敏)が、シナリオハンティングに行ったりするお話。

昆虫を何度も移したり、すごい汚れた部屋の描写があったり、耳障りなうるさすぎな音楽を執拗に繰り返したりと、不快指数が高い作品。

若き日の降谷建志(当時21歳ぐらい)がかっこいいのだが、演技は下手です。 お父さんにアドバイスを求めたんだろうか。

鳥肌実も、同じぐらい下手です。  音楽を手掛けているのが會田茂一(EL-MALOの人)だったりもして、サブカルっぽいというかオルタナティブというか、そんな感じの美意識を感じました。

不条理というか訳の分からない展開は、たまにちょっと笑えるんだけど、基本的には面白くないです。 公開するレベルに達してないと思う。

独りよがりが全開の作品でした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。