記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くも漫。

くも漫。

☆☆☆

2017年2月4日公開。 監督は小林稔昌。

原作は中川学の同名漫画。

漫画家になる前の中川学が、ファッションヘルスでプレイ中に脳梗塞になって救急搬送された実体験を描いた作品。

こんなにどう考えても面白くなる題材なのに、なんか地味だしテンポも悪い。

脳みそ夫って芸人が主人公を演じているのだが、映画で主役をやれるビジュアルしてなくて、結構気持ち悪いです。 ここは浜野謙太あたりに演じてほしかった。

なんだか盛り上がりにかけるのは、中川学って人が元々暗い性格をしているからなので、その辺はリアルなのだが、観ててつまらないです。

コメディなんだけど、ドキュメンタリーぽいです。 家族に倒れた場所がバレないかでハラハラするのがほとんどの内容なのだが、全然笑いにつながってない。

ヘルス嬢を演じた柳英里紗がOLのコスプレでエロかったり、入院患者を演じた元ジョビジョバの坂田聡さんがいい味出してたりはしましたが、母親役の女優さんとかすごいつまらなかった。

女性が観ると、風俗ってこんな事やってるのか~って興味深いかもしれません。

風俗店で火災にあって死んじゃったりする人もいるので、お店に行くときは色んな意味で命がけで行きましょう。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。