FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人ドロップ

大人ドロップ

☆☆

2014年4月4日公開。 監督・脚本は飯塚健。

原作は樋口直哉の同名小説。

高校生がモヤモヤするお話。

クラスメイトに前野朋哉演じるぽっちゃりが買い物させられてるシーンがあるのだが、露骨に大量に買わされてて気づかない学校に相当問題があると思う。 こうゆうベタで安易なシーンやセリフが多いのが、この作品の特長だと思う。

女子高生のコスプレしたフレディ・マーキュリーにしか見えない橋本愛がヒロインって時点で、もう盛り上がりようがない。 彼女は『大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇』と、『桐島、部活やめるってよ』という名作に出演してるのだが、美人役は無理だと思う。

もう一人の女子高生を演じる小林涼子は見た事なかったのだが、なかなか可愛らしいし演技も良かった。 細くて色気のないところが、なんか日本人の女の子っぽいというか、同級生によくいた感じ。

主演の池松壮亮は好きな俳優だし、BEAMS 40THのPVの最後に小松菜奈と登場した時には完全にやられたけど、この作品では激しく棒読みなヒドイ演技で、学芸会レベルだと思います。 邦画屈指の名作『横道世ノ介』でも、大人になってから娘の彼氏を諭すシーンの棒読みっぷりが酷かったので、もうちょっと勉強してほしいです。

この4人がなんやかんやで青春する物語なのだが、前述したようにベタだけどリアリティのない設定なセリフが多くて萎えるし、ストーリーも退屈。

後半にちょっと刺激的な展開があったりするのだが、それも取って付けたようなシーンでした。 

香椎由宇はとても美しかったです。 佐田真由美が童顔っぽさとセクシーさを失ったような印象。

空回りしっぱなしの2時間でした。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。