記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来世紀ブラジル

未来世紀ブラジル

☆☆

1986年日本公開。 監督はテリー・ギリアム。

未来の統制社会の政府で働く男が、好きな女性が出来て脱出しようとするブラックコメディー。

お金がないひとの部屋はダクトでいっぱいで、超ゴチャゴチャしてる。 貧乏人ほど生きにくいってメタファーっぽい。

この作品のユーモアがあんまり楽しめないので、全然乗れず。 露悪的というか、映像が気持ち悪い。

2時間半ぐらいあるのも長すぎるし、登場人物にも魅力がない。

またしても名作と言われる作品の良さが全然わからず、自分の感性の乏しさに悲しくなったのでした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。