FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原

関ヶ原

☆☆☆

2017年8月26日公開。 監督は原田眞人。

原作は司馬遼太郎の小説。

石田三成(岡田准一)を主人公にして、関ヶ原の戦いを描いた作品。

聴き取りにくい早口で、バンバン人名や事件の事が語られるので、歴史に詳しくないとわけがわからないと思う。 ぼくも詳しくないので、途中で止めつつ、Wikipediaで勉強しながら観た。

それと地方出身の武将とかは方言をしゃべってて、意味不明な箇所もあった。 2時間半ぐらいある作品だけど、多分長くなりすぎないように早口にしたんじゃないかと思う。 『ソーシャル・ネットワーク』(デヴィッド・フィンチャー監督)と同じように。

戦国武将も情報収集と根回しが大変そうで、サラリーマンみたいだった。 めんどくさそう。 しかし徳川家康が天下統一したかったのって、平和な世の中にしたかったからなんだろうか? もしそうだとしたら、確かに平和になったし偉人だと思う。

有村架純が伊賀の隠密みたいな役で出演してて、石田光成と淡い恋みたいのをするのだが、このパートいらなかったと思う。 どうでもいいわ。 この有村架純のキャラクターは架空の人物らしいから、小説を盛り上げるために入れたエピソードなのかな。

関ヶ原の戦いが始まってからは、地形とか戦況が全然わからなくて、退屈した。 歴史ファン向けの作品じゃないんだから、もっと親切に図とか使って説明してほしい。

徳川家康は役所広司が演じていたのだが、あんなに豪快な感じの人だったんだろうか? なんかもっと堅実なイメージだった。

歴史の勉強にはなったけど、ごちゃごちゃしてて理解が難しい作品だった。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。