記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムカデ人間

ムカデ人間

☆☆

2011年公開。 監督・脚本はトム・シックス。

頭のおかしい外科医が、人間を3人つなげてムカデみたいにしちゃうお話。

ホラーもグロいのも苦手なので絶対観たくないと思っていたのだが、この前の映画オフ会で「普通に面白い」という意見を聞いてチャンレジ。

アメリカ人の女性2人がドイツに旅行に着てて、これからクラブへ繰り出そうとしてる。 その2人のメイクと、シンプルでセクシーなファッションが最高すぎて死んだ。 もうメイクなんて濃すぎてゴスみたいになってるし、車運転してるのにグラムロックみたいなヒールをはいてるのだが、その過剰さがヤバかった。

特に、ビバヒルのブレンダとバレリーを足したような、アシュリー・C・ウィリアムスの可愛さにやられた。

北村昭博って日本人の俳優も出演してるのだが、関西人のチンピラキャラクターが面白い。 なんでも役作りに亀田3兄弟の父親を参考にしたみたいで、下品でわめき散らすところとか完コピしてる(笑) 日本語のセリフがリアルだと思ったら、ほぼ全部アドリブらしい。

でもなんであの人ドイツにいたんだろう。 ヨーロッパにいそうな要素がゼロだと思う。 あと英語まったく出来ない設定なのか、まったく喋ってなかった。 そして、足がツルツルでキレイ。 脱毛してるのかな(笑)

ドイツ人の刑事が革ジャン着てたり、髪も長くてカッコいい。 

予想通り悪趣味すぎる内容にゲンナリ。 もう発想が変質者だと思う。 ストーリーも普通。

ホラーとグロいのは、やっぱり苦手でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。