FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あかぼし

あかぼし

☆☆☆

2013年8月3日公開。 監督・脚本・編集は吉野竜平。

夫が蒸発し小学生の息子と2人で暮らしている女性が、新興宗教にハマっちゃうお話。

主演は朴璐美(パク・ロミ)で、なんか有名な声優さんらしい。 すごいエロい体つきをしてて最高。 髪はもっと伸ばしてほしい。

精神的に追い詰められているところに、エホバの証人っぽい新興宗教に勧誘されて入信、それから息子を連れて布教活動を開始。 村上春樹の『1Q84』にも同じようにエホバの証人をモデルにした話があるのだが、子供を連れまわしての布教は虐待だと思う。

この母親が人間として弱くて、息子に対して愛情が感じられなくて凹む。 それでも息子は母親と寄り添おうとするのだが、そのあたりが”あかぼし”(他の星が消えても、最後まで光ってる星)って事らしい。

新興宗教の支部長夫婦みたいのの娘が、なぜが白人の女の子な設定も不思議。 この役をVlada(ブラダ)ってロシア出身の女優が演じてて、結構可愛い。 仲里依紗っぽい顔と、程よい太さが最高。 

すごい面白い題材なのでワクワクしながら観てたのだが、母親が息子に愛情がなさすぎて、リアリティを感じなかった。 息子が学校でいじめられたりもするのだが、そのへんも恐怖が伝わってこない。 上記した白人の女の子が合う出来事も、不自然すぎた。

『誰も知らない』みたいにちょっとドキュメンタリーっぽくて生々しいのだが、全体的にぼやっとしてて、インパクトが薄かった。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。