記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーフェクト・レボリューション

パーフェクト・レボリューション

☆☆

2017年9月29日公開。 監督・脚本は松本准平。

自身も脳性マヒを抱え、障がい者の性への理解を訴え続ける活動家・熊篠慶彦の実話に基づく物語。

脳性マヒを抱えつつ作家として活動する男(リリー・フランキー)が、ソープ嬢(清野菜名)と出会って恋するお話。

冒頭で書店員(石川恋)を100%性的な目線で観てる映像が最高すぎた。 石川恋が可愛すぎるし、髪型もセクシーで死んだ。
それに比べて風俗嬢役の清野菜名が、可愛くもエロくもなくて終わってました。 ここは配役交換してほしかった。

しかも風俗嬢役なのに、まったく脱がないという砂漠。 着衣プレイかよ。 あんな風俗嬢いたら、絶対指名しないと思う。

人の話を全然聴かないヤバい風俗嬢に強引に言い寄られて付き合うのだが、予想通りカオスな展開に。 でも恋にリアリティがない。

ストーリーも無茶苦茶で、脚本として成立してないと思う。 

結局、石川恋だけの作品でした。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。